子供が被害にあうような事件が相次いでいます。そんな中、子供のための護身術に対する需要が高まっています。では子供のための護身術とはいったいどのようなものなのでしょうか。まず柔道や空手、合気道などを学ばせること。ただ、いくら武道を学んでも大人に襲われた場合にはなかなか抵抗するのは困難です。そのためには危険に対する備え、知識を学ばせることが重要となります。それから助けを求める方法と心がけ。怖いと思ったら防犯ベルを使うこと、あるいは周囲の大人に助けを求めること。ほとんどの大人は子供に助けを求められればちゃんと助けてくれることを教え込むことも大事です。まずこういった基本的なところから子供に危険に対する対処法を教えていくことが求められるでしょう。

関連ページ