iPhone6のバッテリー持ち

iPhone6の情報もかなり出回ってきました。
ほぼ確実に言えることとしては、iPhone6では4.
7インチと5.
5インチの両モデルが用意されているということです。
したがって他のスマートフォン等にも負けない大画面で、iPhone6を楽しむことができるのですが、これによって問題となるのがバッテリー持ちです。
ディスプレイが大きくなれば、当然電力消費も大きくなってしまいますので、これまでもバッテリー持ちに不安のあったiPhoneでは、致命的なデメリットとなることも考えられます。
もちろんそれに対応した大容量バッテリーを採用することでしょうが、機能も強化されていますので、果たして実質の稼働時間をどのくらい実現できるのか、注目のポイントのひとつです。
iPhone6Sの大きさは?6のケース使える?