白髪染めで皮膚炎などを起こす人が結構多いみたいです

白髪染めをして、皮膚に異常が出たり、ふけがやたら増えたり、強いかゆみが出たという経験はありませんか?思い当たる方は、もしかしたら自分の肌には合わない白髪染めを使っているのかもしれません。
一般的な白髪染め製品は、複数の薬剤を使って強制的に髪に着色をしていきます。
その薬剤の強弱はさまざまですが、強い薬剤を使っている製品の場合、アレルギー症状が出る場合があります。
特にご自分でアレルギー体質だという方は特に気をつけなければいけません。
ジアミン系化合物、PPD(パラフェニレンジアミン)、過酸化水素水、白髪染めを調べていくと見かける単語です。
実はこれらは皮膚への刺激が強く、もともとアレルギー体質ではない方でも皮膚炎を起こす可能性があります。
その炎症の度合いも幅広く、ちょっとかゆいと思うものから、かなり強い炎症、場合によっては深刻な状態になることもあります。
こんなことを言っていると、白髪染め自体が悪く見られそうになりますが、決してそうではありません。
食べ物でも薬でも、アレルギーを起こす可能性はあります。
日常生活において、食べ物や病院でもらう薬はとても大事なものですが、アレルギーを起こす事があります。
白髪染めもまた、白髪を染めたい本人にとってはとても大切な事です。
私はここでお話したいのは、薬でも白髪染めでも、使う前によく確認をする事と、万が一の場合の対処が大事だという事です。
白髪染め製品に強い成分が含まれている場合、取扱説明書に必ず「パッチテストを必ずしてください」と書かれています。
強い成分が含まれていない製品の場合でも、「皮膚に異常を感じた場合は、必ず皮膚科医に相談してください」と書かれていると思います。
ご自分がアレルギー体質だと思われる方もそうでない方も、使った事のない製品を使う前に一度パッチテストをしてみましょう。
パッチテストは簡単に行うことができます。
上腕の内側部分に、これから使おうと思っている商品を塗ります。
塗った上に防水の絆創膏やテープを貼っておくと、お風呂の時にいいと思います。
(服も汚れませんしね)そのあと、24時間後、48時間後の状態を確認します。
そこで明らかに赤みやかゆみが出た場合には、その商品は絶対使ってはいけません。
別の商品を買ってきた場合にも、同様にパッチテストを行ってください。
万が一、パッチテストで炎症が起きてそれが回復しない場合や、製品を使った後に皮膚に炎症が起きた場合は、迷わずにすぐに病院に行きましょう。
最近では、無添加、天然成分配合、自然派系商品白髪染めとして販売されている場合もありますが、何がアレルギーの原因になるかはっきり言ってわかりません。
特にアレルギー体質の方は是非パッチテストを行うように心がけてください。