節電対策どうしてますー?

節電として、エアコンでの節電対策をしてみませんか!?エアコンを動かす時に強風と微風があると思います。
大抵の人は、微風でエアコンを動かした方が節電対策に良いと思いますよね。
しかし、微風でエアコンを動かすとゆっくりと冷気が部屋に充満します。
ですから、冷やしてくれると言うことになりますよね。
それに対して強風の場合は、一気に冷気を出します。
それによって部屋を冷やしてくれますよね。
もちろん、強風の方が点けた瞬間の電力は高いと言えます。
稼働時間などを考えると強風で使う方が節電対策になります。
これは意外ですよね。
(汗)これも低めに設定して微風にするより節電になると言います。
また、エアコンの吹き出し口についてですが、スイングさせる方が部屋全体に冷気が行き渡るから良いのではないかと思いがちです。
(汗)スイングさせていること自体が、冷気が下向きになっていると言えます。
このようにエアコンの使い方もちゃんと考えて使うことで大きな節電効果を生み出すことができます。
(笑顔)東日本大震災を受けて直後の夏の節電で一番問題視されたのがこのエアコンと言うことです。
まだまだ節電に関する問題と言うのは続くと思われます。
こうしたことをきちんと覚えておいてください。
そして、賢い節電対策をすることが電気消費量の節約にもなります。
電気代の節約にもなりますし、効果的に部屋を冷やすことが出来るようになります。
お弁当に使える!冷凍保存の絶品おかずレシピ♪ | スグ得