住宅ローンを借りてマイホームを建てるときの賢いテクニックとは?

自分の家を建てよう!と思ったとき住宅ローンが力になってくれるでしょう。
銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。
返済期間は人によってまちまちですが最長35年まで借り入れする事が可能です。
だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。
たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から難しいケースが多くあるようです。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローン減税を申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。