今話題のアイフルのおまとめローンの審査って?

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件でおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローン審査が難関な人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

参照:アイフルおまとめローン審査は?評判口コミ【流れや時間は?】

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。